警備員になるには

警備員になるにはどうしたらいいの?

警備員になるには、特に資格が必要というわけではありません。

しかし、一口に警備員といっても、その働き方は多岐に渡ります。ここでは「アルバイトでの警備員」「正社員としての警備員」 それぞれの勤務開始までの道筋を紹介していきたいと思います。
関連記事:警備員の正社員とアルバイトの違い

アルバイトで警備員になるには

警備員として活躍したい!
でも実際に仕事をやってみてから正社員として勤務したいという人には、アルバイトで警備員の仕事を体験する道もあります。

アルバイトでの警備員の場合、週に1日からokや日払いなど待遇は会社によって様々なので、会社によっては、Wワークや急な出費にも対応する事ができます。

警備員のアルバイト応募〜勤務開始まで

まずは、サイトに、たくさんの警備会社の求人が載ってるので、待遇面などを加味して選びましょう。

求人内容だけを見ても、不明点がある場合には、求人応募フォームより質問内容を記載し、問い合わせを行ってみてください。

 警備員の求人への応募が完了すれば、早くて即日担当者より折り返しの連絡がきます。
最速の場合では翌日に面接を受ける事もできます。

面接で聞かれる事は、「出勤可能な日と時間」「何故警備員になろうと思ったのか」など基本的な事がほとんどです。

簡単な面接が終わると、早ければ即日、遅くても数日以内に警備会社から直接連絡がきて合否が伝えられます。

もし採用になった場合は、研修までに病院の健康診断を受けるようにいわれます。

必要な書類を揃えたら、次に4日間、合計30時間程の研修が始まります。
研修は、dvdを見たり、声出し訓練など警備員の職務に必要な事を学ぶ事ができます。 そして研修が終わったら、アルバイトとして実際に警備員の職務が開始します。

正社員で警備員になるには

次に、正社員としての警備員にはどうやってなるのか、説明していきたいと思います。
正社員としての警備員になる方法は、大手ではない限り、基本的にアルバイトと大きくは変わりません。 なので、今回は大手の警備会社に勤務する方法をご紹介します。

大手警備会社で正社員として働くには

大手の警備会社の面接は、アルバイトに比べて、少し踏み込んだ内容になってきます。

とはいっても「何故うちの会社を選んだのか」「警備員になった後の将来の展望」など、当たり前の内容です。事前に対策を行うことで面接をクリアすることは十分可能です

面接を通ったら、次はアルバイトと同じく、研修が始まります。 この時、警備員の資格や、勤務実績により、研修が免除される事もあります。

テレビCMでも有名な超大手の警備会社ともなれば、研修の厳しさが段違いに上がります。

柔道部や野球部のような、体育会系のイメージが近いかもしれません。 厳しい研修を終えてやっと、警備員としての就職をする事ができます。

また、アルバイトは給料が日払いの警備会社も多いですが、正社員は月払いがほとんどです。

寮の有り無し、ボーナスなど、待遇面の違いを比べ、自分の勤務スタイルを決めると良いでしょう。