施設警備員(1号警備員)

施設警備員(1号警備員)の仕事内容

警備員には様々な職種があり、大きく分けて4つの職種があります。

今回は、その中でも施設警備員と呼ばれる、施設警備に関する、業務内容や魅力についてご紹介します。

施設警備員の主な勤務場所

施設警備は別名、一号警備とも呼ばれます。

施設警備とは、スーパーマーケットや、学校、会社などに駐在し、見回りなどをしている警備員のことです。 こちらはみなさんがよく見る馴染みのある警備員だと思います。

施設に駐在し、主に施設の巡回や、施設に出入する車などの、出入管理などを行います。

    <主に施設警備員が駐在する場所>
  • 官公署や事務所などのオフィスビル
  • 駐車場
  • ホテル
  • 金融機関
  • テーマパーク
  • 商業施設
  • 工場
など、幅広い施設に駐在し、警備を行っています。

施設警備員の職務内容

施設警備員の仕事は、ビルの管理業務と重複する部分も多く、そのため、管理、警備、清掃などを並行して行う事もあります。

警備会社や勤務先によっては、施設の消灯や、鍵の管理など、様々な業務を並行して行うため、覚える事は沢山あります。

もちろん、警備員なので基本的な警備業務である、施設の巡回、車の出入管理業務や、来客者の手続きなども当然おこないます。

また、テーマパークなどでの勤務も多く、来客者が安心して休日を過ごせる様に巡回し、安全確認や事件、事故の予防につとめます。

施設警備員の巡回警備業務とは

巡回警備業務を担当する警備員は、施設に駐在するかたちではなく、定期的に施設を巡回し、異常がないか、確認する業務を巡回警備業務といいます。

また、夜間は無人になってしまう商業施設などでは、盗難や事件の防止や、火災を防止する事もあります。

そのため担当する警備会社の警報機や通報があった際に、いち早く現場に迎えるよう、常にスタンバイしておく必要はあります。

▼ 施設警備員の求人はこちら:施設警備員の求人

施設警備員の保安警備業務とは

様々な人が出入する、大型商業施設などで、迷惑行為や犯罪などを未然に防ぐ警備を保安警備といいます。

お店を訪れるお客様が、不快な思いをせずに、安心して快適に過ごせるように、秩序を守る役割の警備員です。

主な取り締まり対象としては、「器物破損・万引き行為・置き引き・卑猥な行為・車上荒らし・恐喝、暴力行為」などが挙げられます。

施設警備員のまとめ

この様に、警備員の中にも1号〜4号警備員まで様々な職種があり、1号警備員の中にも、さらに色々な職種に分かれているため、一口に警備員といっても、担当する仕事は豊富です。

警備員の仕事を始める前に、自分の希望する警備会社が、どの様な業務に特化しているか、業務別の仕事の量はどのくらいか、など事前に確認して、警備会社を決める事が大切です。 また、人によって向いてる職種や場所も違います。なので自己分析をして、自分にあった職務を選択する事が、警備員を長く勤める秘訣です。

▼ 関連記事
2号警備員:交通誘導警備員について
3号警備員:輸送警備員について
4号警備員:身辺警備員について