交通誘導・雑踏警備員(2号警備員)

交通誘導・雑踏警備員(2号警備員)の仕事内容

これから警備員を目指している方は、市民の安全を守りたい!事件や事故を未然に防ぎ、社会に貢献したい、など、様々な思いで警備員という仕事を目指していると思います。

その中でも交通誘導警備雑踏警備は2号警備員とも呼ばれます。

ではその職務別に、どの様な業務があるのでしょうか。くわしく説明していきます。

関連記事:交通誘導警備の魅力

交通誘導警備の仕事内容

交通誘導警備員は、主に工事現場や、駐車場において交通整理などをする業務です。

工事現場では、重機や大型トラック、特殊車両などの出入が頻繁に行われるため、通行者が通る際に、事故が起きないように誘導したり、作業員が安全に作業できるように、車両を誘導したりします。 通行量の少ない現場では、道路の清掃や、職人の簡単な手元作業などをサービスで行う事もあります。

▼ 交通誘導警備員の求人はこちら:交通誘導警備員の求人

雑踏警備の仕事内容

「雑踏」とは、イベントや、競技、お祭り、コンサートなどの、一定の場所に、人や車が集中し混雑してしまう状態の事を指します。

雑踏警備業務は、これらの混雑した現場において、車両誘導をして、歩行者やドライバーの安全を守ったり、入り口などに配置され、入場者の入退場を管理する入退場整理を行い、事件や事故を未然に防ぎ、イベントやお祭りの参加者が安心して、楽しむ為の警備を行います。

万が一、事件や事故が起きてしまった際は、できるだけ早く、事態を収拾し、参加者に不安を与えないようにします。

▼ 雑踏警備員の求人はこちら:雑踏警備員の求人

交通誘導・雑踏警備員が大変なこと

2号警備員は、基本的に車両を誘導したり、立ちっぱなしで周囲を監視したりなどのルーティーン作業が多く、シンプルな業務になるので、高い集中力が必要です。

一つの事を集中して、続ける事が得意な人に向いている職種で、逆に積極的に新しい事へチャレンジしたい人、飽きっぽい人は向いてない職種になります。

長い時間、同じ作業をして集中力を欠いてしまうことによって、重大な事故が起きてしまう事もあるので、適正などの部分において自分にあった職務を選択していきましょう。

今回は、2号警備員について、詳細な業務内容、注意点などを深い部分まで紹介させて頂きました。これから警備員を目指す方の、参考になると幸いです。

また、今回紹介した2号警備以外にも、1〜4号まで、様々な業務内容をがあるので、自分にあった警備員を選択しましょう。

▼ 関連記事
1号警備員:施設警備員について
3号警備員:輸送警備員について
4号警備員:身辺警備員について