身辺警備員(4号警備員)

身辺警備員(4号警備員・ボディガード)の仕事内容

身辺警備とは、いわゆるボディガード警備員の花形と言われるほど人気の仕事です。その代わり直接的に著名人・有名人の命をお守りする仕事であり、それだけのスキルや信頼を持ったエキスパートでないといけません。

身辺警備員の役割

身辺警備員は、有名人など、生命や財産を奪われる可能性がある人物につき、周りを警戒し、依頼者の安全を守る仕事です。また、依頼者を、殺人、窃盗などの人為的被害から守るだけではなく、災害や交通事故などの被害から守る事も保証します。災害などが起きた際は、依頼者を迅速に安全な場所に誘導するなど、依頼者の安全を最優先に考えます。

身辺警備の対象とは

身辺警備の対象となるのは、やはり不特定多数から危険にさらされる可能性が高い人物ということになり、特に以下の人物が対象になることが多いです。

主な身辺警備の対象になる人物

  • 大企業の役員
  • 有名スポーツ選手
  • 大物政治家
  • 芸能人

さらに、近年では、一般市民にも、ボディガードの重要性や、需要が理解され始め、子供の通学や、痴漢、ストーカー対策、高齢者の安全対策など、需要は高まっています。

また、ボディガードとはいっても、警備員は、身分的には一般市民と同じなので、販売者の現行犯逮捕以外による逮捕は出来ないことになっていて、装備品も、一般の警備員と同じものになっていて、銃などの所持は認められていません。

身辺警備の、業務に必須とされている、護身術や無線機の使い方を始め、警戒監視能力、各種技能を学び、依頼者を暴力行為や迷惑行為といった危険から守る為に学ぶべき事も多くあります。

身辺警備員に向いている人、向かない人

まず、身辺警備員は、依頼者の生命や財産を守るといった性質上、アルバイトとして、業務につく事はほとんどありません。また、依頼者だけでなく、自分の身も、常に危険にさらされているため、リスクの高い仕事であり、相当の覚悟をもって職務を遂行する事が求められるため、責任感の強い人物に向いています。

依頼の形式にもよりますが、依頼者との距離が近いため、依頼者が安心して、生命、そして財産の危険を預ける事が出来るように、最低限コミュニケーションは必須になるため、あまり人と話さず、黙々と仕事をしたい人には不向きといえます。

身辺警備のまとめ

今回は、身辺警備について、細かく紹介させて頂きましたが、憧れ以上に、大変な仕事である事がわかります。依頼者の生命に直接関わる仕事なので、責任重大ですが、その分達成感も大きな仕事なので、これから警備員を目指すかたは、ぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか。

▼ 関連記事
1号警備員:施設警備員について
2号警備員:交通誘導警備員について
3号警備員:輸送警備員について