警備員が寮付きで働くメリットについて

警備員 寮
警備の仕事を始めようと思っていても「住む場所が見つからない……」と悩んでいる方は少なくないでしょう。そんな方には、寮付きの警備会社で働くことをおすすめします。ここでは、警備員が寮付きの警備会社で働くことのメリットについて紹介していきます。

寮付きの警備会社の種類

寮を完備している警備会社は数多くあります。ただ、ひと口に「寮付き」と言っても、「独身寮」や「単身赴任寮」、「社有社宅」などさまざまな形態があります。それぞれ以下に説明します。

独身寮:一定年齢以下の未婚の社員が住むことのできる居住施設。
単身赴任寮:単身赴任の際に利用できる居住施設。
社有社宅:1棟丸ごと企業が持っている(もしくは借りている)居住施設。家族と一緒に生活することが可能。

寮付きの警備会社で働くメリット

それでは警備の仕事において、住み込みで働くことのメリットはどのようなものがあるでしょうか?ここでは、「引っ越しがしやすい点」、「家賃を節約できる点」、「生活がしやすい点」の3つに分けて説明していきます。

引っ越しがしやすい

寮に入居する大きなメリットとして挙げられるのが、引っ越しが簡単にできるということです。引っ越し準備は非常に大変な作業です。しかし、寮付きであれば手間を減らすことができます。中には家具付きの部屋を用意している警備会社もあるため、身軽に引っ越しできるでしょう。
また、引っ越しを進める際には賃貸契約などの手間が生じます。例えば、入居審査では連帯保証人を探す必要があります。連帯保証人が不要であっても、緊急連絡先として設定した人物の印鑑証明書や住民票などの提出が必要です。しかし、警備会社の寮であれば入居審査はありません。警備会社の面接が入居審査も兼ねているからです。さらに連帯保証人も不要です。このように、寮付きの警備会社で働くことにより、引っ越しの手続きがラクになるのです。

家賃を節約できる

次に家賃が安いという点も寮付きの警備会社で働くメリットです。基本的に会社が用意している寮は家賃が安いケースが多いです。特に、会社が大家になるケース、つまりその物件を賃貸でなく、所有している場合には家賃もその分安くなります。

生活がしやすい

最後に生活のしやすさも大きなメリットになります。警備の仕事において、深夜から明け方までの夜間勤務は少なくありません。夜間勤務のライフスタイルは隣人の迷惑となってしまうこともあるでしょう。例えば、明け方に帰宅したとします。この際にドアの音や生活音で隣人が起こされてしまうこともあります。それがトラブルに発展してしまうケースもあるかもしれません。しかし、社員寮で生活をすれば、同じ警備員同士ということもあり、理解が得られやすいのです。

寮付きの警備会社探しにおける注意点

寮に住むことが決まったら部屋のタイプを事前に確認しておくことは大事です。完全個室を完備している警備会社もありますが、食堂や浴室などは共同というシェアハウス型の寮も少なくありません。中には個室はなく、2段ベッドなどで生活するケースもあります。部屋のタイプは事前に調べておきましょう。

ここまで警備員が寮付きで働くことのメリットについて見てきました。引っ越し準備や手続きがラクであれば自分の時間を有効活用できますし、家賃が安ければ貯金もできます。また、同じ生活サイクルの人が周りに多ければストレスを感じることも少ないでしょう。警備員として働く際の選択肢としてぜひ寮付きの求人をチェックしてみてください。