警備員として働く際には服装の規定がある?

警備員 服装

 

工事現場や商業施設、イベント会場など、さまざまな場所で人々の安全を守る警備員。そんな警備員の着用する服装には規定があります。ここでは、警備員の服装について詳しく紹介していきます。

警備員の制服は法律で決まっている

基本的に警備員は制服を着用して業務をおこないます。制服を着用する主な目的は、警備中であることを周囲の人々に知らせるためです。これにより事件を未然に防いだり、災害などによる事故が起こった場合に誘導をしやすくなったりします。この制服は警備業法により定められているため、規定に従った制服を着用しなければ業務をおこなうことはできません。ちなみに警備員の着用する制服は、一般の人々が警察官と間違えることがないように、区別がつくデザインにしなければならないという規定もあります。

服装変更届出について

警備員の制服についてもう1つ知っておきたいのが、服装変更届出です。警備員は業務をおこなう前日までに、着用する服装について申告する義務があります。服装変更届には、ジャケットやズボンなど着用する服装を全て記入することになります。この際には服装の色や形はもちろん、ボタンの数や標章の大きさなどまで詳しく記入します。加えて、制服を着ている状態の写真も必要です。

会社から貸与されるものには何がある?

警備員の制服として会社から貸与される代表的なものには、ジャケットやズボン、帽子などがあります。また、業務の内容によってはヘルメットを貸与されることもあります。靴は基本的に自分で用意するケースがほとんどです。服装以外にも、警笛や警棒、トランシーバーなどが必要に応じて貸与されます。ちなみに多くの会社では、制服は夏服と冬服に分けて用意されています。

女性用の制服もある?

最近は女性の警備員も増えているため、男性用と女性用に分けて制服を用意している会社も少なくありません。基本的には男性と同じようにジャケットやズボンなどの貸与がありますが、中にはスカートを用意している会社もあります。

警備員の服装は清潔感が大事

警備員は人前に立つことも多々あります。そのため、制服は清潔に保つことを心がけましょう。会社によってはクリーニングに出してくれる場合もありますが、基本的には自己管理です。こまめに洗濯することを忘れないでください。また、清潔感を出すために長髪や髭などは禁止されている場合が大半です。

以上、警備員の服装について紹介してきました。警備員の制服に規定があるということをお分かり頂けたのではないでしょうか。警備業法に違反しないためにも規定通りに着用することを心がけましょう。