警備業の歴史

意外と知らない警備業の歴史とその成り立ち


警備業と言えば、アメリカでは西部開拓の時代にはそうした形態の会社が作られていました。日本では昭和37(1962)年に初めて設立され、昭和39(1964)年の東京オリンピックの警護でその存在が認められるようになりました。

続く昭和45(1970)年に開催された大阪万国博覧会をきっかけに飛躍的にその地位が高まり、SPアラームを納入するまでになりました。警察官など公権力を持たない組織による警備活動は正式には戦後ですが、それ以前には江戸時代の豪商に雇われた邸宅の警護や参勤交代の際に大名の警護を務める者がいました。

ほとんどが「口入れ屋」という人材派遣サービスのような業者を介したものでした。昭和初期では自社の退職した者が守衛を行うことも珍しくなかったようです。現在では企業や個人住宅まで、様々なところで警備業が活躍しています。

警備の募集を掲載する【セキュリティワーク】~埼玉や神奈川での求人も豊富~

警備の募集を掲載している【セキュリティワーク】では、警備員を募集してもなかなか人が集まらないという警備会社、警備員として働きたいという求職者のマッチングをサポートします。

求人情報を詳しく見たい人はこちらから

警備職にも様々なものがあり、単に警備員として求人を出すのではなく施設警備や雑踏警備、交通誘導警備、身辺警備など細かく分け、求職者が必要とする求人情報をより素早く見つけられるようにしています。

東京を中心に埼玉や神奈川といった首都圏での求人を豊富に掲載していますので、警備職をお探しの方はぜひお役立てください。

警備の募集を正社員でお探しなら【セキュリティワーク】から


警備の募集を手軽に探すことができる【セキュリティワーク】の求人サイトでは、絞り込み検索をすることができます。

正社員や契約社員、アルバイトといった雇用形態、未経験歓迎や日勤のみ、固定給確保といった待遇面、勤務希望エリアなど、必要に応じて探すことができます。正社員の求人も多く、警備業の経験がある方はもちろん、未経験で応募できる求人もあります。

企業側と求職者をしっかりマッチングさせるため、無料の電話サポートも対応しています。気になる募集情報があればぜひお問い合わせください。求人の詳細を確認していただくだけではなく、サイトには掲載していない情報を提供することもできます。