施設警備と交通誘導警備の違い

施設警備と交通誘導警備の特徴

警備業法によって施設警備を1号警備、交通誘導警備を2号警備と定められています。施設警備は、官公署やスーパー、工場など様々な施設に常駐して不審者への対応や部外者の出入り管理、施設内の巡回を行い、盗難や事故、トラブルを未然に防ぐ役割を担っています。

一方交通誘導警備は、祭りやイベントなど混雑が予想される場所で、交互通行の整理や駐車場の出入り、人の誘導を行うことにより事故を防止し円滑な通行を促進します。いずれの業務も責任ある仕事ですので、新任教育は一定時間数行う定めがあります。

とりわけ施設警備で求められるものの一つに、報告・連絡・相談といった指示系統の遵守が挙げられます。施設警備ではビルの管理を伴う場合があるため、ボイラーなど取扱いに配慮が必要な施設・設備も珍しくありません。

そうした設備の安全な取扱いに関する知識と合わせて、的確な判断力は警備員の仕事の中でも重要なスキルです。交通誘導警備の業務においても、一瞬の判断が大きな結果の違いを生む場合がありますので、やはり的確な判断力が必要となります。

施設警備の求人を探すなら警備職に特化した【セキュリティワーク】から

施設警備の求人をお探しの方は、【セキュリティワーク】をご利用ください。警備員を募集したいのになかなか集まらない、警備業務は求人数の割に探しにくいといった声に応え、警備職に特化した求人サイトとして企業側と求職者のマッチングをサポートします。

施設警備員の求人情報はこちら

単に警備員とカテゴライズするのではなく、業界関係者との関わりの中からより細やかな分類を行い、求職者が必要とする警備員の求人・業務内容などの情報を見つけやすくしました。

警備に関する専門性を高めたい方はもちろん、未経験でも興味があるという方も、業界に詳しい専門のコンサルタントが相談や質問にお答えします。

施設警備の求人は【セキュリティワーク】~埼玉や神奈川での募集も豊富~

施設警備の求人は、【セキュリティワーク】にお任せください。警備職の種類によって求人を検索することができ、施設警備はもちろん交通誘導警備員やボディガード、鉄道警備員など、様々な警備の求人をお探しいただけます。

雇用形態や給与の支払い形態、勤務地といった条件指定も可能、ご自身に合った求人が見つかるはずです。無料の電話サポートも行っており、お問い合わせいただければサイトに掲載されていない情報も提供することができます。

埼玉や神奈川での募集も豊富に掲載していますので、警備員として働きたいという方はぜひ【セキュリティワーク】をご覧ください。