交通誘導警備に欠かせない交通ルールの知識

交通誘導警備は交通ルールを守ることが大切

交通誘導警備とは、工事現場や駐車場で交通整理をするのが主な業務です。トラックや重機、特殊車両の出入りがある工事現場では、通行者の妨げにならないよう、また事故やトラブルが置きないよう作業員や通行者を誘導します。

交通誘導警備において大切なのは、交通ルールを厳守することです。例えば信号機が設置された工事現場で誘導を行う場合、信号が赤でも今誘導した方が流れがスムーズになるということもあるでしょう。

しかし、警備業法や道路交通法といった法令で交通誘導警備員に特別な権限を認めていないため、警備員が信号機を無視して車両や人を誘導することはできません。

また、車両でも人でも誘導を受ける側の任意の協力で行われるものであり、交通誘導警備員の誘導に強制力はありません。交通ルールや警備法をしっかり把握して業務に取り組むことが大切です。

交通誘導警備の求人は専門サイトの利用が便利

交通誘導警備の求人をお探しの方は、【セキュリティワーク】をご利用ください。警備業界初の専門サイトであり、交通誘導警備のほか施設警備、機械警備、雑踏警備など様々な警備職の求人を掲載しています。一括りに警備職として掲載するのではなくカテゴライズをより細分化し、募集する企業側と求職者がマッチングしやすいよう工夫しています。

交通誘導警備員の求人情報はこちら

首都圏の案件に絞った警備職の求人情報を提供しており、職種・雇用形態などを指定して絞り込み検索も可能です。web応募にも対応しているので、気になる求人が見つかればすぐに応募することもできます。

交通誘導警備の求人を東京や埼玉で探すなら【セキュリティワーク】から

交通誘導警備の求人をお探しの方に便利な【セキュリティワーク】は、女性や未経験の方でも応募可能な求人も多数紹介しています。

東京や埼玉といった首都圏の警備職を掲載しており、若い世代はもちろん、中高年も活躍できる求人が豊富です。

気になる求人があった場合、企業へ直接問い合わせるのに抵抗を感じる場合は【セキュリティワーク】へお電話ください。無料の電話サポートを行っており、お問い合わせいただければ詳しい条件の確認だけではなく掲載されていない情報を伝えることができます。