警備員の資格を知ろう!~交通誘導の場合~

みなさんは、警備員の業種でなにを一番初めに思い出しますか?

一番イメージしやすいのは、『交通誘導警備』と言って、工事現場や駐車場で誘導している人ではないでしょうか。

実は、この『交通誘導警備』という業種にも国家資格があるのをご存知ですか。

今回は、みなさんがよく目にする警備業界でもっともポピュラーな『交通誘導警備』の資格についてご紹介します。


警備員の求人探しはこちら


交通誘導警備の資格取得方法と条件について

交通誘導警備には、『交通誘導警備業務に係わる1級検定』と『2級検定』と2つの検定があります。

この検定には、高速道路で使えるものと一般道路などで使えるものと2種類あるので注意してください。

取得の流れとしては、
2級を取得➡1年後の実務経験を積む➡1級を取得
となります。

交通誘導警備の資格取得の条件は、2級検定を取得する場合、条件はほぼありませんが、1級検定を取得する場合は、必ず1年の実務経験を積む必要があるので、気を付けてください。

また、取得方法についても、2つの方法があり、
1、特別講習を受講する方法
2、公安委員会が行う検定を直接受験する方法
以上の2つになります。

1、特別講習の概要
学科が7時限、実技講習が5時限、修了考査が4時限、計16時限あります。
(※1時限=50分あります)
手数料は、32,400円(税込)になります。
※1級・2級検定のいずれも時間や費用は変わりません。

2、直接受験の概要
《住んでいるところが東京都の場合》
警視庁の専用電話番号に事前に申し込みます。

次に書類を提出し、手数料の納付を行っていただきます。費用は、14,000円になります。

学科・実技試験とあり、学科に合格した者のみが実技試験を受けることができます。

採点方式は、100点持ち点の減点式で、90点以上の方が合格となります。

1、2どちらも費用がかかりますので、資格取得支援のある警備会社に入社すれば、資格に関する費用を負担してくれるので、参考にしてみてください。


警備員の求人探しはこちら


交通誘導検定の出題範囲

直接受験する場合は、学科や実技試験もご自身で勉強が必要です。
では、一体どんな勉強をすればいいのでしょうか?

《学科試験》
・警備業務に関する基本的な事項(警備業務、交通誘導業務、警備員としての心構え等)
・法令に関する事項(憲法、刑法、刑事告訴法、警察官職務執行法、遺失物法など)
・道路交通法や交通誘導警備業務に関する専門的知識
・交通誘導警備業務用資機材の機能・使用法及び管理方法に関する専門的知識
・人または車両に対する合図の方法
・合図実施の留意点、位置の選定、工事現場の出入口や対面通行における交通誘導
・警察機関等への連絡の重要性(事故発生時における対応法)
・救急法の意義と重要性、負傷者等の搬送及び応急救急手当の概要
・警戒棒の取り扱い、基本的な護身術
・消火器等の使用方法、避難誘導の基本事項、警察官への引継ぎ、事故の発生時における二次災害防止方法について

《実技試験》
・小籏や大旗、誘導灯等を使用した徐行、停止、進行及び幅寄せの誘導
・合図の基本動作、警笛及び素手の合図による車両の後進誘導要領
・警察機関等への連絡要領
・三角巾使用の止血方法、負傷者の搬送方法
・警戒棒の基本操作、基本的な護身術
・交通事故発生における二次災害の防止方法

以上が、出題される問題になります。
これらの項目を覚えておくとよいでしょう。

問題の詳細は、警視庁の公安委員会が実施している直接検定の受験方法をご参照いただくか、警備協会に問題集が売っていますので、そちらをご購入ください。

交通誘導検定は持っているとこんなところに役立つ

交通誘導検定は、持っているとそれだけで資格手当をもらえる警備会社もあるほど警備会社では重宝される存在です。

また、交通誘導検定では実演もしますので、基本的な護身術が身につき、応急処置の方法なども学ぶことができます。


警備員の求人探しはこちら


交通誘導警備の資格を取ろう!

今回は、交通誘導警備の資格についてご紹介しました。
私どもの扱っている求人の中にも、交通誘導の検定資格を持っていると資格手当がもらえるものもいくつかありますので、持っていない方もぜひ、この機会に取得してみてください。

交通誘導資格を取得しておけば、資格手当の他にも、入れる現場や役職など、ご自身のキャリアアップに必ず繋がるはずです!


警備員の求人探しはこちら