交通誘導・雑踏警備員(2号警備員)

交通誘導・雑踏警備員(2号警備員)

交通誘導・雑踏警備員(2号警備員)の仕事内容

これから警備員を目指している方は、市民の安全を守りたい!事件や事故を未然に防ぎ、社会に貢献したい、など、様々な思いで警備員という仕事を目指していると思います。その中でも交通誘導警備雑踏警備は2号警備員とも呼ばれます。ではその職務別に、どの様な業務があるのでしょうか。くわしく説明していきます。

2号警備員とは

そもそも2号警備とは、交通誘導警備や雑踏警備を総称した区分です。「一般社団法人 全国警備業協会」の区分においては、2号警備の業務を「人若しくは車両の雑踏する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務」と記載しています。わかりやすく表現をすれば「交通誘導の警備員」または「お祭りやコンサートのようなイベントの警備員」のことを指して、2号警備員と呼ぶのです。ひと口に2号警備といっても、警備する場所によってそれぞれ仕事内容は異なります。

関連記事:交通誘導警備の魅力

交通誘導警備の仕事内容

交通誘導警備の業務は、主に工事現場や駐車場で、車両の交通整理をします。工事現場では、重機や大型トラック、特殊車両などの出入が頻繁に行われるため、通行者が通る際は、事故が起きないように交通誘導を行います。工事現場の仕事は、交通量の少ない夜間や深夜に行われることも多く、交通誘導警備員の仕事も、それに合わせて夜勤となるケースも少なくありません。昼夜を問わず、工事現場や駐車場を事故から守ることが交通誘導を担う警備員の役割と言えるでしょう。このほか、交通量の少ない現場においては、警備員が道路の清掃や、職人の簡単な手元作業などを手伝う事もあります。

交通誘導警備員の求人はこちら:交通誘導警備員の求人

雑踏警備の仕事内容

雑踏警備の「雑踏」とは、「一定の場所に人や車が集中し混雑してしまう状態」のことです。雑踏警備業務は、混雑した場所で入退場者の整理や車両誘導を行い、事件や事故を未然に防ぐ役割を担っています。とくにスポーツ競技やお祭り、コンサートのようなイベントは人が多くなりやすく、事件や事故を防ぐために雑踏警備を担う警備員の存在が欠かせません。2号警備は、イベントの参加者や来場者が安心して楽しむために欠かせない仕事と言えるでしょう。万が一、イベント会場で事件や事故が起きてしまった際は、早急に事態を収拾し、参加者に不安を与えないようにします。

雑踏警備員の求人はこちら:雑踏警備員の求人

2号警備の警備員として働くのに向いている人

2号警備として行う車両整理や会場の監視などの業務は、同じ動作を連続して行う、いわゆるルーティン作業となることが多く、継続して業務を行うには高い集中力が必要です。そのため2号警備を担う警備員は、1つのことを集中して、継続するのが得意な人に向いている職種と言えます。ですが、積極的に新しいことへチャレンジしたい人や飽きっぽい人には、ルーティン作業が多い2号警備はあまり向いていません。集中力が低下すると、重大な事故が起きてしまうこともあるので、適正などの部分において自分にあった職務を選択していきましょう。

また、2号警備の警備員は工事現場やイベント会場が勤務場所となることが多い分、求人も短期間の仕事が多くなっています。長期の仕事を検討している場合においては不向きですが、「1週間や1ヶ月の期間だけ働きたい」という場合においては2号警備がおすすめです。とくに雑踏警備は休暇シーズンに求人が増えるので、ゴールデンウィークや夏休みを利用して働きたい人にも最適と言えます。

今回は、2号警備の警備員について、詳細な業務内容、注意点などを紹介しました。これから警備員を目指す方の、参考になると幸いです。また、今回紹介した2号警備以外にも、1〜4号まで、様々な業務内容があるので、自分にあった警備員を選択しましょう。

▼ 関連記事

1号警備員:施設警備員について
3号警備員:輸送警備員について
4号警備員:身辺警備員について 警備員 求人 検索